Default

大規模災害に強い自治体間連携:現場からの報告と提言(早稲田大学ブックレット<「震災後」に考える> 014)

稲継 裕昭 編著

648円(税込)

早稲田大学出版部

地域のきずなだけでは対応できない。

3月11日16時30分,福井県では消防,防災ヘリ,DMATが出動準備に入った。京都府からは約400名の救助隊が,そして各府県から多くの人々が被災地に向け出発した。危機における遠隔自治体からの支援のあり方を考える。