月刊『創』11月号 ― 特集【街の書店が消えてゆく】/「表現の不自由展・その後」再開へ ほか

創出版 著

500円(税込)

(有)創出版

【特集】街の書店が消えてゆく

◆〈座談会〉……柴崎繁×清田義昭×長岡義幸
 書店が消えるのは文化が消えること

◆日書連事務局長インタビュー
 書店がこれから生き残る道は……石井和之

◆本屋さんがなくなっていくのは作家としてすごく悲しい
 本屋の娘に生まれた私が思うこと……林真理子

◆昨年惜しまれながら閉店した幸福書房はその後
 元店主が語る幸福書房〝閉店後〞……岩楯幸雄

◆書店業界の論客・ジュンク堂書店難波店店長の提言
 アマゾンの侵食とリアル書店の反撃……福嶋 聡

◆コミックのデジタル化が急進展するなかで
 コミック専門店の相次ぐ閉店事情……長岡義幸

◆本屋さんウォッチャーが最新レポート
 ブック・イベントを見て、廻って、思うこと……どむか

◆敢えて大取次でない仕入れルートを確保して運営する書店も
 模索する街の書店の独自の取り組み……長岡義幸

◇「あいちトリエンナーレ2019」はどうなる⁉
 「表現の不自由展・その後」再開へ向けた最後の攻防……篠田博之

◇〈座談会〉障害者殺傷事件から3年……尾野剛志×大坪寧樹×渡辺一史
 相模原事件被害者・尾野一矢さんめぐる大きな取り組み

◇犠牲者の「実名」は必要なのか(続)
 「京アニ」事件報道の検証と報道評議会の設立を……浅野健一

◇8・2死刑執行に抗議する
 この夏、処刑前日に届いた庄子幸一死刑囚の最後の手紙……菊池さよ子

〈巻頭グラビア〉
今月のONE SHOT 「表現の不自由展」再開へ向けた作家らの行動
月刊 嘲笑の時代 滝沢クリステル妊娠……マッド・アマノ
あいちトリエンナーレに足を運んでみた一部始終
今月のカラクリ雑誌 SF少年の夢、再び!……今柊二

〈連載コラム〉
タレント文化人 筆刀両断! 【小泉進次郎】……佐高信
言論の覚悟 【東尋坊の用心棒や恐竜と会う】……鈴木邦男
「こころの時代」解体新書 【文化庁の愚かすぎる決断に抗議する】……香山リカ
ナショナリズムという病理 【イランとの戦争を回避するトランプ米大統領】……佐藤優
ドキュメント雨宮☆革命 【氷河期世代の採用に1800人】……雨宮処凛
What`s Going On? 【エロと反権力の「脱がせ屋」高須基仁】……加藤梅造
大川総裁の月刊『壊』【千葉県の台風被害に思う】……大川豊
バカ裁判傍聴記 【最高齢の被告人】……阿曽山大噴火