Default

シュトルム全集 Ⅳ巻(電子書籍版) 小説 4

テーオドール・シュトルム(日本シュトルム協会編訳)

4,320円(税込)

三元社

『顧問官』『キルヒ父子』など円熟味をました手法で19世紀後半のドイツ社会をするどく描く中期から後期にかけての小説作品(1878~82年)。
【収録作品】「レナーテ」「子供たちと猫について」「森水喜遊館」「ビール醸造業者の家で」「オーク屋敷」「市参事会員の息子たち」「顧問官」「キルヒ父子」